加熱テスト・トライ

金型の温度分布測定

自動車向け凹金型の一例

差し込み型ヒータの温度測定

(データロガから5分毎にピックアップした温度)

時間(分) TC1 TC2 TC3
0 34.7 34.6 34.9
5 63.6 55.4 42.1
10 104.3 85 53.7
15 133.7 106.3 66.6
20 156.5 124 80.1
25 172.5 137.3 91.4
30 190.8 153.2 105.9
35 207.6 168.6 120.8
40 223.4 183.5 135.2
45 238.6 198.2 149.7
50 253.6 212.8 164.2
55 266.6 226.1 177.6
60 278.1 239.2 191.3
一次側電圧 V
一次側電流 A
二次側電圧 25.8V
二次側電流 89A

熱電対位置 (型に穴明けして金属シースTCを挿入)

TC1→型内面より6mm残した所
TC2→型外側より20mm入った所
TC3→型外側より5mm入ったところ

温度シミュレーション解析

大型プレス金型の一例

1 解析モデル

受領資料に基づく(下図)

2 境界条件

初期温度 型100℃、ヒータ100℃
周囲温度 10℃
ヒータ ①後ヒータ 2,500W
②サイド1ヒータ 4,560W
③前ヒータ 2,600W
④サイド2ヒータ 4,080W
⑤下ヒータ 6,720W
ヒータ設定 800℃
放射率 型0.65、ヒータ0.65
型最下面熱条件 仮想ヒータを接触させ、100℃を下回らないよう発熱
計算時間 1.5hour (90min)

3 計算結果

型最低温度プロット

型最高温度プロット

上型(ピンク線)のみが他より昇温が早い
上型以外の型は約70分で最低温度が200℃に達した

温度上昇の様子(上型以外)

30分時点

90分時点

 

60分時点

製品耐熱テスト

各種ワーク加熱トライ

各種ワーク加熱トライ

デモ機貸出・レンタル

特殊狭小空間用途

※他にもデモ機を保有しております。

製品を探す(導入例・用途)